2017年01月24日

s_NOLO(3)

kickstarterの開催が迫るNoloVRですが、あまり細かい情報は出てきていなかったように思います。
kickstarterの製品ページではさまざまな情報が出てくるものと思いますが、待ちきれなかった私はNoloチームにメールで突撃してみました。
尚、本記事にて掲載している画像は、全てNoloチームより提供を頂きました。お忙しい中、ありがとうございます。この場を借りてお礼いたします。

それでは以下より。




1.パッケージ内容
s_NOLO(1)

ベースステーション(奥側球体状のもの)、ヘッドセットマーカー(写真左)、コントローラがふたつ(写真右)となっています。
システムを構築する際、microUSBケーブルの他、各機器を充電する為のアクセサリが必要になるものと思われますが、それらが同梱されるかどうかは、現時点では情報がありませんでした。


2.ヘッドセットマーカー
 
headset marker (1)
ヘッドセットマーカー(VRゴーグルの上部に取り付けるセンサ)は2つのパーツからなっています。
それぞれの寸法を確認した所、画像の通りとなりました。
・ヘッドセットマーカー本体:横幅105mm、奥行き10mm、球状のマーカー頂点部が30mm
・ヘッドセットマーカーマウント:横幅50mm、奥行き24mm
お手持ちのゴーグルの取り付け予定部分を確認する際、参考にして頂ければと思います。


3.コントローラー
s_controller (1)
s_controller (3)
HTC Viveのコントローラで特徴的なドーナツ部分が無い以外、キー配置などはViveコントローラに近い感じがします。
その点について、Viveコントローラとの互換性があるのかを確認した所、「互換性はない」とのことでした。
これについては後述します。


ここまでは外観的な部分を主に記してきました。以下より、機能面に関する質問への返答です。

Q1.今すぐ欲しいんで、今すぐ送ってくれませんか?今すぐ。
A1.:)

Q2.このコントローラはViveコントローラ互換となるのか
A2.本製品はVive互換ではないが、SteamVRプラットフォームでのゲーム使用は出来る

Q3.コントローラとPCはどのように接続するか?
A3.コントローラはワイヤレスで接続する。ヘッドセットマーカーをPCとUSB接続する必要があるが、これを無線化する方法を検討している。
(註:確認できてはいませんが、Bluetooth等の言葉が出ていない事から、コントローラ<->ヘッドセットマーカーが無線となり、ヘッドセットマーカー<->PCのUSB接続時にコントローラのデータも送受信する、のかもしれません) 

Q4.ベースステーションは、必ず向かい合った正面に置かなくてはならないのか
A4.身体から見て右、あるいは左のように、横に置いても問題はない。ただし背中側の場合はトラッキングができなくなる
(註:赤外線認識が行えなくなるから、と思われます)

Q5.ある情報にて、トラッキングは赤外線の他、超音波も使っているというものがあったが、事実か
A5.事実である

Q6.ヘッドセットマーカーはヘッドセット中央部へとりつける必要があるか。左右にオフセットして装着することは可能か
A6. はい。ヘッドセットマーカーは中央に取り付ける必要がある。また、d/fヘッドセット向けのマウントも提供する
(註:「d/fヘッドセット」が何を指すのかわかりませんでした)

Q7.ジャイロセンサ等を持たないスマートフォンを使った場合に、本製品のみでそれらを代用し、ヘッドトラッキングやポジショントラッキングは可能か
A7.はい。ヘッドセットマーカーを使う事で、回転(ローテーション)方向の検知、およびポジショントラッキングが可能

Q8.ファームウェアアップデート機能はあるか
A8.はい。


以上です。
ひとまず速報ということで、詳細は後日追記します。 

(22:44)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字